チャットレディと水商売を徹底比較!

チャットレディと風俗どっちが稼ぎやすい?

女性ができる高給の仕事といえば、チャットレディ以外にも水商売などがありますが、チャットレディと比べたときにどちらが稼げるのでしょうか。

女性ができる高時給のバイトである風俗やガールズバーやキャバクラと、ネット上で男性とおしゃべりする仕事のチャットレディは似ているジャンルです。

チャットレディはオンラインでできるキャバクラと言われているくらいです。お客さんと直接会わないというのが最大の特徴でありメリットです。

チャットレディはキャバクラや風俗などと比べてデメリットは少ない方ですが、唯一あげるとするならば、チャット画面をキャプチャされて顔バレなどの危険性があるというところですね。

次に女性が高給を稼げるバイトの代表格である風俗と比べてみると、風俗は日給が高いというメリットがありますが、不特定多数の男性とセックスをしなければいけないという性病のリスクもあります。

風俗やキャバクラなどの稼げる女性特有の仕事と、同じく女性が稼げると有名なチャットレディでは、チャットレディの方がメリットが多いと思います。

女性の副業や高収入として筆頭格のヘルスやキャバクラなどと比べても遜色ないほど稼ぐことができるのがチャットレディです♪

当ページでは、女性が稼ぎやすい職業であるチャットレディと、キャバクラで働くことと、どちらが総合的にメリットがあるのか比較検証していきたいと思います。

チャットレディのメリットデメリットを解説!

メリット1 直接会わないから触れられない

キャバクラや風俗とチャットレディを比べたときに、まず真っ先に思いつく圧倒的なメリットとして、直接対面する必要がないということですね。

目の前に男性客がいるわけではないので、体を触られたりアルコールを飲んだりという必要もなく、気楽な雰囲気で仕事出来るのが女性にはとても大きなメリットです。

たまに、顔出しなしでやっている二のも関わらず顔を見せてとしつこくいってきたりする迷惑なお客さんがいますが、そういうときは、強制退場機能などを使えばいいので安全にお仕事できますね♪

メリット2 時給が高く設定されている

チャットレディの時給は圧倒的です。なんと平均時給が4000円にもなります。最高で7000円を超えるので、一回チャットレディの時給を味わったら、普通のバイトができなくなりますね♪

月収に換算するとアダルトありかなしか、顔出しありかなしかによっても変わりますが、毎月20万円以上稼ぎ続けている人もたくさんいます。

固定客をたくさん抱えているチャットレディや、一回あたりのテレビ電話の時間が何時間もしてくれるヘビーユーザーを抱えている人気の女性は、余裕で100万円とか200万円稼いでいるので、みなさんもそれくらいのレベルを目標にスキルアップしてきましょう!

メリット3 スマホ一台あればいつでもどこでもOK!

チャットレディのメリットで抜かすことができないのは、自由自在に仕事時間が決められる点ですね。ネットに接続できる環境があれば、家の中でも外でも、その場がすぐに仕事場になっちゃいます。

出勤が絶対に必要になってくるキャバクラや風俗などと違い、ものすごい自由度が高いです。

メリット4 スマホ一台あれば好きなタイミングで働ける

チャットレディはパソコンだけでなく、スマホだけでも仕事出来るので、家の中だけでなく外でも仕事出来ます。

自分の好きなタイミングで働くことができるので、隙間時間を有効活用できます。

チャットレディだけではなく、男性ユーザーもスマホ一台で女性とのチャットを楽しめるので、気軽にチャットサイトを使っている人も多く、ライブチャットに滞在している男性客は絶えることがありませんので、稼ぎやすいです。

メリット5 見た目関係ない

たとえば、チャットレディとならぶ高時給の風俗やキャバクラなどはそのお店のジャンルというか雰囲気みたいなものがあります。学園風だったり、メイド風だったり、ギャル系だったり、人妻系だったり。なので、誰もが採用してくれるわけではありません。

チャットレディはデータ的に在籍すればいいだけなので、チャット運営者側にとって採用したら費用がかかるということもないので、ほぼ全員が受かります。

私自身もすぐ登録完了しましたし、知り合いなどにもチャトレに応募して落とされたなんて話みたことも聞いたこともありません。安心して応募して働けます。

面接があるサイトでも面接して登録完了してしまえば、その日のうちに働けるようになるその即効性もチャットレディならではですね♪

メリット6 トークや声も売りにできる!

チャットレディは顔出しなしでもやることができるので、キャバクラや風俗と比べて容姿を一切気にする必要もありません。

アダルトチャットレディなら顔を見せなくても、エロさでアピールできるのでなおさら稼ぎやすいですね!

ライブチャットの男性会員はそもそも母数が圧倒的に多いので、自分を好いてくれる男性がいくらでもいます!人の好みはひとそれぞれなので、人が多ければそれだけ自分にあう人も多くなります。

チャットレディは容姿端麗でなくても、いろいろな稼ぎ方があります。メールだけでも何万も稼いでいる人もいますし、スタイル抜群さを売りにしている人もいますし、アダルト一本でやっている人もいます。自分にあったスタイルを売りにしましょう!

デメリット1 身内や知り合いにチャットレディがばれる可能性

チャットレディのデメリットは、ライブチャットというたくさんのお客さんに自分の顔が見られてしまう顔バレのリスクがあるということです。

ライブチャットには顔出しが自由ですが、顔出しありでやっていた場合は、待機画面は男性ユーザー側の画面には常に流れているので、知り合いに見られたら顔バレしてしまうということです。

上記のような顔バレのリスクはありますが、女性にはメイクというスキルがあるので、いくらでも別人になれるので、顔バレしたくない人はメイクをいつもと違うものにしたりウィッグを使ったり衣装を変えてみたりしましょう!

個人情報がもれるかもしれないと不安に思っている人もいると思いますが、個人情報は徹底的に厳重に管理されているので、まず漏れることもありませんし、今まで個人情報が漏れたことはありません。

チャットサイトの運営側からチャットレディの個人情報が漏れることはないですが、チャトレ自信が自分から、仲良くなったリピーターさんに個人的な情報を漏らしてしまう分には自分で気をつけるしかないですね。

デメリット2 完全コミッション制

ライブチャットというのは、待機時間がありますが、男性客がチャットにログインしてくれない限り、この待機時間だけでは報酬になりません。

時給制のアルバイトは待機だろうがなんだろうが時間に対して報酬がもらえますが、チャットレディは実際にチャットするまで報酬が発生しないのがデメリットといえますね。

チャットレディの報酬額は最低でも誰かがチャットしてくれさえすれば簡単に2000円とか3000円稼げますが、待機時間はこの時給換算に含まれていません。

デメリット3 画面をスクリーンショットとられる可能性

チャットレディはパソコンを介してやりとりしているので、キャバクラや風俗みたいに面と向かって写メをとりにくいという状況ではなく、簡単にキャプチャをとられてしまう危険性もあります。

ライブチャットを利用している男性客から、キャプチャを防ぐことは完全にはできません。

男性利用者がキャプチャをするときというのは、個人的に好きな女性を見たいというだけなので、ネット上に悪意をもって流そうとしているひとはいません。

風俗で働いたときの利点とは

メリット1 時給がすごく高い

チャットレディも高時給ですが、風俗もかなりの高時給です。ピンサロからデリヘルからソープまでいろいろなものがありますが、平均すると2万円から5万円くらいの日給になります。

やはり風俗は肉体を酷使しなければならないので、高い報酬が保証されています。とにかく稼ぎたい!という人にはおすすめですね。

メリット2 その他のバイトより自由さがある

風俗は必ずお店に出勤する必要がありますが、コンビニなどの普通のアルバイトと比べると、ものすごい融通が利いた出勤シフトを組むことができます。

メリット3 現金でその場でもらえる

風俗のメリットはなんと言っても即金で、その日にもらえるところですね。その日に稼いだ分は帰りにもらえるので、即金が何よりもいいというひとにはおすすめです。

デメリット1 濃密な接客が必要

風俗は男性と風俗嬢のみの個室で接客し続ける必要があるので、態度が悪い客だったり、不潔な客だったりがきても、接客し続けなければならないという負担があります。

生理的に受け付けられないような男性もいると思いますが、そこはお金をもらっているので、どうしてもサービスをしなければいけませんので精神的な負担が大きいと思います。

デメリット2 性病をうつされるかもしれない

風俗をやる上で女性が一番気にしているのは、梅毒とか淋病とかクラミジアなどの性病ではないでしょうか。

風俗おたくの男性は毎月1回以上はなんらかの風俗で楽しんでいるので、それだけ性病を持っている確率が高く、そういう男性に当たってしまったら性病をうつされる確率も上がります。

デメリット3 若ければ若いほど稼ぎやすい

デリヘルやピンサロやファッションヘルスといったものは、性的サービスなので、ピチピチの水をはじくような若い肌を持った女性が好まれるので、若い子が稼ぎやすいです。

デメリット4 知り合いにバレる可能性がある

自分が所属している風俗の店舗にお客さんとして知人男性が来店したら当然バレてしまいますね。

総合的にどちらが有利か?

高時給

チャットレディや水商売などは普通のアルバイトと比べると馬鹿みたいな高給取りです。

風俗は相手をする人数に物理的に限りがありますが、チャットレディはそんなこともなく、無制限で青天井でパーティーチャットなどで収入を伸ばしていくことができます。

超人気のチャットレディは毎月200万円以上稼いでいる人も多く、時給に換算すると2万円以上にもなります。

一般的なチャットレディでも平均的な日給で1万円以上は稼げると思います。風俗の場合はソープで4万円から5万円くらい稼げると言われています。

チャットレディは風俗と比べても遜色ないくらいの高時給を誇りますが、やはり肉体的なストレスもあるので、全体的には風俗の方が時給がたかい計算になっています。

風俗とチャットレディは似ている業務形態で、どちらも完全に歩合制となっています。

風俗も指名されない限り待機時間が延びますし、チャットレディもリピーターさんが少ないと待機時間が延びてしまい、稼働時間がすくなくなり、もらえる報酬が少なくなってしまいます。

ライブチャットサイトでオンラインで待機できるチャットレディはターゲットになるお客さんが大量にいるので、風俗に比べてメリットが多いです。

自分の隙間時間をお金に換えられる

チャットレディはライブチャットサイトが開いている24時間365日稼働することができます。

それに比べて風俗は店舗の営業時間があるので、その範囲内でしか働くことはできませんが、他のバイトと比べてみても比較的好きな時間にシフトを組むことができるといわれています。

その日の給料はその日にもらえる

風俗とチャットレディは日払い可能なところが多いです。風俗はほとんどすべてといってもいいくらいその日のうちの報酬はその日の帰りにもらうことができます。チャットレディは日払い可能なところもありますが、ほとんどは翌日に振込のところが多いです。

達成するノルマがない

チャットレディも風俗も来客次第なので、ノルマなんてものをお店側が設定しても何の意味もありませんので、ノルマがあるお店などはありません。

チャットレディの方がメリットが多いです

ここまでで、風俗嬢をやるメリットとチャットレディをやるメリットをひたすら比較してきましたが、全体的にいろいろな切り口で見てみるとチャットレディの方がさまざまな面で優れていることがわかります。

風俗に比べて物理的に男性ユーザーと接触する必要がないので、たったこれだけでも精神的にも肉体的にもかなりストレスが軽減されるのではないでしょうか。

チャットレディのオンライン上で働けるというメリットは大変大きく、直接触れられないということが女性にとってどれだけ安心材料かがわかります♪

チャットレディが優れている点は他にもいろいろあって、隙間時間に稼ぐことができます♪

チャットレディはめちゃくちゃ融通が利きやすい職業として、どんな女性からも人気です。風俗などと違って生理中でも働くことができますし、24時間早朝だろうが深夜だろうが働くことができるので、隙間時間を有効に使ってお金に換えることができるんです。

チャットレディは市場規模が圧倒的に多く、ライブチャットを使用している人が、風俗を利用している人の比べものにならないくらい多いと言われています。

ライブチャットのサイトを使って女性とのアダルトな行為や会話を楽しんでいる男性というのは、ファッションヘルスをつかっている男性よりも圧倒的に分母が多く、需要がたくさんあるので、いろんな女性でも稼ぎやすいといわれているのです。

リアル世界の男性ユーザーとネット世界の男性ユーザーでは分母が違いすぎるのです。40代以降などの女性は、熟女専門風俗でお客さんを見つけるよりも、熟女専門ライブチャットの方が圧倒的にお客さんやリピーターさんが付いてくれやすいです。

男性の性欲というのは際限がないくらいバリエーションが豊富で、60代70代の女性にも興奮して、アダルトな行為を見てみたいというひともいるくらいなんですから。

以上、チャットレディと風俗嬢の報酬体系から、日払いだったり、働きやすさだったり、サービス面だったりいろいろな面から検証してきましたが、いかがでしたでしょうか。

大金を短期間に稼いで、すぐに終わらせたいという人は風俗がおすすめですが、コツコツマイペースに稼いでいきたいという人はチャットレディがおすすめです♪

チャットレディは風俗みたいにたくさん稼げるわけではありませんが、それでも普通のバイトと比べると圧倒的に稼げる部類です!顔出しなしでもアダルトなしでもいいので、気軽な気持ちで一度やってみてください♪